男性ができる妊活

男性にも妊活が必要な理由

女性が妊娠して、健康的な赤ちゃんを産むためには、パートナーの健康状態もベストである必要があります。

アメリカのカリフォルニア大学バークレー校で行われた研究チームの発表によると、葉酸を摂っている男性の精子は、そうでない人の精子と比べてると、染色体異常がおよそ20%も低いことがわかっています。

 

2人で葉酸を摂る

女性が摂取すると、着床後の受精卵にとって効果があり、胎児の先天異常を予防する効果に期待が持てますが、男性が摂った場合は精子の質を高められます。

質の高い精子によって妊娠した場合は、流産やダウン症のリスクを減らせるので、女性は安心して出産することが出来ます。

一見、健康には何の問題がない人でも、精子においては1〜4%ほどの染色体異常が存在することがわかっているので、健康的な赤ちゃんに生まれてきて欲しいなら、男女ともに葉酸を摂取した方が良いでしょう。

ほうれん草や枝豆、ブロッコリー、納豆、いちご、うなぎの肝、ウニなどの食品に含まれているので積極的に食べるようにしてください。

 

染色体異常が少ない精子を持つ人は、それだけ受精の確立が高まるので、不妊に悩んでいるカップルはサプリを利用することをおすすめします。

 

積極的に摂りたい栄養素は他にも

昔は不妊の原因は女性にあるという間違った認識がありましたが、WHO(世界保健機関)は、世界の不妊に悩むカップルのうち、約48%は男性にも原因があるという調査報告を出しています。

子宝に恵まれたいと願うなら、男女ともに普段から、ビタミンEなどの栄養素を含むものを、体内に摂り入れることが大切です。

ビタミンEは子宮内膜を育てる黄体ホルモンの分泌を促せるので、この成分を摂ると、内膜の質が良くなり、着床率を高めることが出来ます。

アボガドやほうれん草などの食べ物に多く含まれているので、子どもが欲しいときは毎日食べるようにしてください。

葉酸のサプリの中には、子どもが欲しい人や、妊娠中の人に役立つ栄養素がたっぷり含まれているものが多いので、複数の成分を簡単に摂りたい人は購入するようにしましょう。