男性の冷え性改善も妊活のキーのひとつ

妊活に影響する女性の冷え性

冷え性が不妊の繋がるといことは良く知られていますが、女性の子宮の冷えなど女性だけの問題だと思われています。

もちろん子宮の冷えは生殖機能を低下させ、様々な病気の原因に関わっています。

また身体の冷えなど低体温の人は血流の流れが悪くなりがちで、生殖機能の調子を整えるホルモンが上手く全体に運ぶことが出来なくなります。

そのため卵胞刺激ホルモンがうまく働かず、排卵障害などにつながります。

さらに子宮内膜が受精卵を着床できる状態にする為には、子宮が冷えた状態では難しくなります。

女性が妊娠前から葉酸を摂取した方が良いと言われるのは、よく言われる神経管閉鎖障害の発症リスクを下げるだけでなくこういったことも関係しています。

このように冷え性や葉酸は男性の不妊症には関係がないように思いますが、実は男性の冷え性も不妊に繋がっています。

 

男性の冷え性が妊活に与える影響

女性と同じように冷えによって血流が悪くなる事によって、ホルモンバランスが崩れ精子や生殖器の異常につながります。

本来男性は女性よりも筋肉量が多い為冷えには強いですが、冷暖房が管理された現代では身体が冷えている人がとても多いです。

さらに冷えやストレスによって自律神経が乱れ、性交障害などにもつながります。

 

冷え性改善のために夫婦で取り組むこと

女性だけのイメージが強かった葉酸ですが、最近では夫婦一緒に葉酸を摂取する方が良いと言われています。

精子の染色体異常のリスクを下げる効果以外にも、葉酸の造血を向上する働きにより冷えを解消する事によって得られる不妊症改善の効果も得ることが出来ます。

また葉酸にはタンパク質を合成する作用や毛包の細胞分裂を促進させる働きもあるので、育毛作用も期待できます。

他にも前立腺癌のリスクも下がるとも言われており、妊活のサポートだけでなく葉酸を摂取する事によって他にも嬉しい効果を得ることが出来ます。

サプリメントの摂取となると過剰摂取が気になりますが、葉酸は水溶性なので摂取しすぎても自然に排出されるので安心して摂ることが出来ます。